テーマ

部門紹介

医学基礎教育部門

 主に低学年における専門前及び基礎医学の教育・学習を支援します。現代医学の基礎であり、臨床医学の学習にも欠かせない基礎医学の知識を医学生が総合的に学べるよう、教育プログラムの開発に取り組みます。
 また、これからの医学教育には、基礎と臨床の有機的連携による研究マインドの涵養が求められています。この「医師としての研究マインド」は、基礎医学研究者だけでなく臨床の場で働く医師にも必要とされるもので、日々の診療の中で患者さんの状態や疾患を分析することから、病因や病態、その背景となる基礎的課題の解明へとつなげようとする姿勢といえます。
 当部門では基礎医学研究に興味のある皆さんと研究室との橋渡し役も務め、研究マインドとグローバルな視点をもって医学・医療の発展に貢献できる医師・研究者の養成に関ります。また、他部門と連携してFD (Faculty Development) などの教職員のスキルアップのための様々なプログラムを提供します。

地域医学教育部門

 地域医学教育部門は、将来の地域医療を担う医師の養成、世界に通用する医師の育成を目指して学生と教員をサポートします。医学教育の世界標準化の動きに対応するべく、臨床実習の期間延長と内容の充実に加え、海外の医療機関での臨床実習の導入を推進します。
 医療面接や身体観察学習する講義と演習をコーディネートし、共用試験(CBT・OSCE)* を厳正に実施することで、臨床実習に参加する学生の能力と適性を保証します。群馬県内の病院および診療所との連携を強化し、充実した学外臨床実習を学生に提供することにより、卒業生の県内定着率の向上を図ります。

* 共用試験とは、医学生が臨床実習に必要な知識、技能、態度を習得できているかを評価する全国共通試験です。そのうち、CBT (Computer Based Test; シービーティー) は、コンピュータから出題される問題に回答し、知識の総合的理解を評価する学科試験です。また、OSCE (Objective Structured Clinical Examination; オスキー) は、模擬患者さんに医療面接や身体診察などを行い、基本的診療技能と態度を評価する実技試験です。

リカレント教育部門

 リカレント教育とは「社会人が人生の途中でさまざまな形で学ぶこと」を意味します。リカレント教育部門は、医師への研修機会の提供、また医学生/若手医師と地域医療人の交流の場の提供を通して、地域利用に貢献することを目標としています。
 具体的には、1) 臨床手技・理論の各種シミュレータ等を利用した実践トレーニングと、2) 臨床研究に関する研修・支援を二本柱として、セミナーの開催などを中心に、臨床医のニーズにマッチした多様な研修プログラムを提供します。地域の医療機関や、本学医療人能力開発センター* とも積極的に連携を図り、地域医療の質の向上、医師の職場復帰、若手医師の地域への定着をサポートしていきます。

* 群馬大学医学部附属病院医療人能力開発センターは、1) 臨床研修センター 2) スキルラボ部門 3) 女性医師等教育・支援部門 4) 地域医療推進研究部門の四部門からなり、質の高い医療人育成の推進を目指しています。

PAGE TOP